霧島市 K様より

  霧島市 K様より

パッシブデザインのおかげで、夏も冬もとっても快適です。

「せっかく家を建てるんだから、かっこいい家で暮らしたいと思っていて、パッシブデザインのことなんか全然知らなかったんですよ。」とKさんは語ってくださいました。

「それまではマンション暮らしだったんで、一戸建ての家は集合住宅のマンションとは違って、冬は寒いのではないかと心配をしていたんです。濱田工務店さんをふくめて3社に相談していたんですけど、他社が床暖房を提案していた中、濱田工務店さんだけが、人工的なものよりも自然エネルギーを取り入れたほうが身体にやさしいと、パッシブデザインを提案してくれたんです。

Kさんの家はパッシブデザインを採用した家。設計の工夫で日差しや風の流れをコントロールして、夏は涼しく、冬は暖かく、エアコンなど冷暖房機器に頼り過ぎることなく快適に暮らせる家です。冷暖房費も少なくて済む省エネ住宅でもあります。具体的にこんな設計の工夫がされています。

プライバシーと開放感を両立させたバルコニーはお気に入りの場所。

Kさんの家を設計するにあたって、ひとつ懸念することがありました。

それは隣が修理工場だったこと。音の問題。プライバシーの問題。窓からの景観をどうするか?解決策として、修理工場側には高い壁を設けて、壁の内側に屋根のないインナーバルコニーのようなスペースを設けました。

こうすることでプライベートを確保しながら、開放的な気持ちのよい空間ができ、子どもたちの格好の遊び場になりました。

音対策としてはこの壁による遮音と、防音効果の高い断熱材であるセルローズファイバーの採用で解決できました。

「隣の修理工場は気になっていたんですけど、このバルコニーはいいですね。こんなに開放感があるのに、外からはまったく見えない。この前なんかお風呂あがりの子どもたちが、ここを裸で走りまわっていたんですよ。」と、Kさんもお気に入りの様子です。

お掃除が楽になりました。自然素材って身体にいいだけじゃないんですね。

「かっこいい家という面でも、提案していただいた濱田工務店さんのプランが気に入りました。デザイン的なことはもちろん、床にも壁にも、天井にまで自然素材をふんだんに使った家は、やっぱり風合いがあっていいですね。とっても落ち着きます」 自然素材へのこだわりもKさん家の特筆したいところ

足触りのよい天然無垢材の床。壁は珪藻土の塗り壁。子供部屋などは汚れ対策を考慮して健康塗り壁。そして天井までも珪藻土で塗っています。自然素材ならではの落ち着いた風合いと調湿効果があいまって、とても健やかな居住空間が実現しています。

調湿効果、さらには脱臭効果のある自然素材の塗り壁は空気の質をよくするだけでなく、静電気が発生をおさえる効果もあるので、家の中にホコリ等がたまりにくく普段の掃除も簡単に済ませられるようになっています。

「この家で暮らすようになってから、お掃除がとっても楽になりました。これも自然素材のおかげなんだなって、ちょっとびっくりしてます。風邪もひかなくなりましたね。主人も体の具合が悪かったのですが、今ではすっかりよくなっています。それと、オーディオセットがあるんですけど、前の家ではそれほどではなかったのに、この家で聴くと音がいいんです。やっぱり無垢材や塗り壁の家は音の響き違うんだなって。こだわって買ったものだったんで、それもうれしい。パッシブデザインにしても、素材にしても、やっぱり自然の力ってすごいですね。なによりも身体が実感しています。小さい子供がいるので本当に正しい選択だったと思っています。」

パッシブデザインや、無垢材や珪藻土をはじめとした自然素材を採用した家は、なによりも身体がよろこぶ家。快適さだけでなく、さまざまな面でいいことがいっぱいあります。Kさんも、毎日の暮らしの中で実感されたようです。